徳島県,徳島市,歯科,歯医者

ホーム
当院までのアクセス
インプラント
睡眠時無呼吸症候群
一般歯科
歯周病
小児歯科
口腔外科
ホワイトニング
医院ツアー
メッセージ
オンライン相談
リンク集
サイトマップ

どこに相談していいのか分からない方、歯科医院が苦手な方、治療が不安な方のために三木照久がお悩みにお答えします!セカンドオピニオンとしてもご利用くださいね。オンライン相談のご投稿はこちらです。

2018年3月1日 広島 20歳 女性

こんばんは。お忙しいところ失礼します。

8日木曜日に左下の親知らず抜くことになり歯医者に行きました。麻酔後少し時間をおいて治療に入りました。治療に入って20〜30分経った頃に突然、頬の腫れ、目の下が腫れ目が開きにくくなり、治療中断し、結局親知らずを抜くことは中止になりました。

なぜこのような大事な腫れになったのでしょうか?歯医者の先生に聞いても、麻酔が合わなかったのかもしれないと言われ、はっきりと答えてくれませんでした。

五日前経った13日火曜日ごろから、今生えている左下奥歯に接触している頬の内側が少しくい込んできたり、そこに口内炎が出来て少し痛むようになりました。

これは親知らずを抜かないと治らないものなんでしょうか?

お忙しいところご回答よろしくお願いします。

こんにちは!三木照久歯科、院長の三木照久です。
早速ご相談の件ですが…まず、先生がはっきりお答え下さらなかったという点は、私も直接拝見しておりませんし、もし拝見していても、原因の分析や推測はできても、特定までは難しいかもしれません。その点は、診てぐださってる先生が言葉を濁されるのも理解はできます。
その上で可能性を推測しますと…
・麻酔はどのような方法で行われたか。
・また「腫れた」という現象が、実際に見た目でも腫れていたのか?見た目は変わらず、感覚的に目の辺りや頬が腫れたような感覚が出たのか。
…によっても、原因は違ってくるかもしれません。
ご説明の順序前後しますが、実際に腫れたとしたら…麻酔薬が合わなかった、ということも考えられますが、その可能性は、今まで歯科で麻酔をかけてもらったことが複数回お有りでしたら、考えづらいかと思われます。
合わなくて腫れるとしたら、原因として可能性の高いのは、アレルギーです。ですがもし「合わない」のでしたら、今まで複数回麻酔をかけてもらった経験がおありの場合、もっと前に起きているはずです。
また、腫れは局所的ではなく、もっと広範囲に出ていても不思議ではありません。
まれに、体調などによっては、一回アレルギーのような現象が起きたが、それ以外の時は大丈夫だった、などというときもありますが…。
または、何らかの理由で、普段使っているのと違う麻酔薬を使われたのなら、麻酔が合わなかったということも否定はできません。
もう一つの、麻酔の方法についてのお話です。
その親知らずを抜歯する周辺にだけ、麻酔をかけてくださったのでしょうか?それとも、術野のかなり後ろの方にも麻酔をして下さっていた感覚がお有りだったんでしょうか。
もしかしたら、麻酔の方法に原因があった可能性も否定できません(ただ、問題のあるかけ方をされたわけでもないことは、先に申し上げておきます)。
伝達麻酔、という麻酔の方法があります。
術野よりさらに中枢に近い方に麻酔をかけることで、より広範囲や深部に、よりしっかりと麻酔を効かせる方法です。どの神経に効かせるかは、どこの、どんな治療をするのかによって違ってきますが、歯科の場合は、「下顎で、抜歯やその他の処置でも状況により麻酔が非常に効きにくい場合」に、この方法が採られることがあります。
この場合、何らかの理由で目的の範囲よりも広範囲に効いてしまったとしたら、見た目より感覚的に、目の辺りや?に腫れたような感覚が出ることは考えられます。
これも、滅多に起きないことですが、逆にどのドクターが行っても、起きる可能性は0とは言い切れません。
いずれにしても、その後症状が改善したのであれば、もう今後その麻酔による悪影響の心配はないと思われます。
抜歯中止後に起きた腫れや痛みに関してですが…直接拝見してみないと、断定的なことは申し上げかねますが…親知らず周辺の誤咬や、細菌の感染から症状が出ている可能性が高いと推測されます。
お薬や応急処置で、一時的な回復は見込めるかも知れませんが、いただいたメールの内容から考えると、最終的かつ根本的な解決には、抜歯が最適かと思われます。
一度イレギュラーがあると、抜歯に対する抵抗感や恐怖心もおありかとお察しいたします。
ですが、まずこれは確実に申し上げられるのは、「一度親知らずを抜いてしまえば、もう二度と親知らずで悩むことはなくなる」、ということです(最終的には親知らずに限らない話…インプラントなどの外科処置も同じことですが…)。
その処置に臨まれるためにはまず、準備が必要です。
全身状態に関して、歯科でなく医科の方の健康診断は、受けられていますか?今まで何もなければ、恐らく問題ないとは思われますが、念のためにこの機会に確認されていた方がいいと思われます。
次に、麻酔やお薬のアレルギーの確認もされておかれることをお勧めします。
麻酔の方法についても、一度診て下さってる先生に、尋ねられてはいかがと思います。
通常のレントゲン以外に、CTの撮影は行われましたか?もし未撮影であれば、これも行って貰えば、より確実な診断、安全な処置に繋がります。
これらを行った上であれば、より安心して処置を受けられるのではないかと推察されます。
では、本当にお大事になさってくださいね。


徳島市鮎喰町1-15-10城西高校正門前[詳細]
徳島市バス鮎喰町1丁目停留所:徒歩5分
徳バス上鮎喰町停留所:徒歩5分

木曜日 特別診療 | ホーム | インプラント | 一般歯科 | 歯周病 | 小児歯科 | 口腔外科 | ホワイトニング | スマイルデンチャー
医院ツアー | メッセージ | オンライン相談 | キシリトールスィーツ | キシリトールアイス | リンク集 | サイトマップ

Copyright (C) 2007-2013 miki teruhisa dental clinic. All Rights Reserved.